C88 御礼

C88でYUHAのブースに来ていただいたみなさま、ありがとうございました。

今回、いつもより多い部数を作って持って行ったのですが、14:00には頒布終了となってしまいました。 午後の遅い時刻に訪れていただいたみなさま、申し訳ありません。

「第1回 アーケード版ぷよぷよ通 人類 vs AI 実装方法とアルゴリズム」は、8月30日に予定している ぷよぷよAI勉強会に少量お持ちしますので、そちらでも ご覧になることができます。

それ以外の予定は、現在のところありません。

誤りの訂正

「第1回 アーケード版ぷよぷよ通 人類 vs AI 実装方法とアルゴリズム」で内容の誤りが見つかっておりますので、 ここで訂正します。

13ページ

「xは位置(4, 2)であり、ビットが立っているのは位置(2, 1), (3, 1), (4, 1), (4, 2)の4つである。」 を、 「xは位置(4, 1)であり、ビットが立っているのは位置(2, 1), (3, 1), (4, 1), (4, 2)の4つである。」に訂正。

18ページ、リスト2.5 FieldBits threes = (ud_and & lr_or) | (lr_and | ud_or); を、 FieldBits threes = (ud_and & lr_or) | (lr_and & ud_or); に訂正

2015-08-18

C88 告知

YUHA は コミックマーケット 88 (C88) に参加します。日時場所は、3日目(8月16日日曜日)東O-46b です。

頒布物

今回の頒布物は2点。

  • 謎解き×競技プログラミング 『ある勇者の物語』
  • 第1回 アーケード版ぷよぷよ通 人類 vs AI 実装方法とアルゴリズム

謎解き×競技プログラミング 『ある勇者の物語』

競技プログラミングの要素をもった謎解き、というものをつくってみました。謎解きとは、リアル脱出ゲームに代表されるような、 与えられた謎を解いて最終的になにかの答を見つける、というゲームです。

2015年8月2日に、AtCoder 上でコンテストを開催し、多数の方に参加いただきました。 こんなコンテストをやったよ、という紹介と解説になります。

いつもより少しやさしめです。50ページ、予価500円。

表紙は、サークルなごみ喫茶の明土しえん先生です。リンク先は百合注意

第1回 アーケード版ぷよぷよ通 人類 vs AI 実装方法とアルゴリズム

YUHAメンバーはぷよぷよのAIを作り続けています。このAIは、なんとアーケード版ぷよぷよ通の画面を読み取って、アーケードのレバーとボタンを(電気的に)操作します。つまり、アーケード上で人間とも戦えます。すごいですね。

そして、2015年7月4日に、ついにACぷよぷよ通 第1回 人類 vs AIというイベントを開催しました。この本は、どうやってAIを作ったかという、AIの技術的な解説本になります。 C86でのAI本から、大幅に更新されています。

56ページ、予価500円。

また、8/30にぷよぷよAI勉強会なるものも企画しておりますので、よろしければ是非。

ちなみに表紙の子はmayah(擬)といいまして、この人類vsAI戦のためにもりやあこ様に書いてもらいました。 ついでにいきおいでシールを作ってしまったので、少量ですが100円で頒布します。ちなみに頒布価格は印刷代より安いです。

2015-08-02

C86告知

YUHAはC86に参加します。3日目、場所は西地区き27bです。

頒布物

今回の競技プログラミングの本は、競技プログラミングにおけるツール特集です。38ページ、300円。

もうひとつ、ぷよAIについて。C85でも頒布しましたが、内容を大幅にパワーアップしてお届けします。32ページの予定だったのですが、書いていたら48Pまで増えてしまって印刷費がちょっとかさんでしまった……というわけで、500円にて頒布予定です。今回、表紙をZOOYA!先生に描いていただきました!

過去の本に関しては、ほとんど在庫がありませんが、C85で頒布した総集編を増刷して頒布します。 それ以外のものの頒布予定はありません。

というわけで、当日お会いしましょう!

電子書籍版のご案内

競技プログラミングの本に関しては、本をお買い上げいただいた方には PDF を配布しております。詳しくは奥付を見て下さい。

誤植について

ぷよAI本に以下の誤植が見つかっております。お詫びして訂正します。

  • 前書き 「誰かが」が同じ行に2回出てくる箇所がありますが、後者を削除。
  • P.16 関数の引数 fpf に変更。同様に、P.17、CoreField(f)CoreField(pf)に変更。
  • P.36 図番号が抜けていますが、図 6.2 です。
2014-07-23

競技プログラミングの電子書籍

かねてから競技プログラミング本の電子書籍化のご要望を頂いておりましたが、このたび、なんと技術評論社さまから 過去の同人誌をまとめた電子書籍が出ることになりました。パチパチ。

[https://gihyo.jp/dp/ebook/2014/978-4-7741-6397-0]()

基本的には、コミックマーケット 85 で販売しておりました競技プログラミング総集編 2013 と同等の内容、レベルです。 ただ、使用している問題はオリジナルのもの、もしくはICPC OB/OGの会が過去に作成した問題に差し替えてあります。

一部500円と、同人誌と同等の値段で、大変お得感のあるものとなっておりますので、是非お求め下さい。

2014-03-13

C85 告知

YUHA は C85 に参加します。

場所は、3日目(12/31、火曜日)、西 す 03bです。

今回の出し物ですが、主に2点。

競技プログラミング 総集編 2013 (84ページ、予価500円)

過去の本をまとめ、大幅に加筆修正したものです。実際にはほとんど書きなおしたと行っても過言ではありません。

ぷよ AI について (8ページ程度、予価100円)

最近作っていたぷよAIについてです。Wii実機で画像キャプチャしたりコントローラー作ったりみたいなことをやっていて(やっていたのは僕じゃないですが)、そのへんの話をします。

その他

過去の本は、基本的に在庫があるものは持っていきます。

最近、YUHAメンバーは王様達のヴァイキングというスピリッツで連載している漫画の監修をやっていたりするのですが、*ヴァイキング関連の同人誌はありません*。いや、ほら、公式っぽい立場なので、さすがに同人誌を作るのはまずいのです。

というわけで、大晦日ですが、当日お会いしましょう!

2013-12-27

C84 告知

YUHA は C84 に参加します。

3日目(812)月曜日、東地区ぺ07bでお待ちしております。

今まで複数の新刊にしていたのを、今回は1冊の新刊にまとめています。ネタは次の2つです。

1つめは、例年 ICPC の問題を全部解くというのをやっていたのですが、数問にとどめて、より詳しく解説するようにしてみました。その分ソースコードを載せる余裕が出来たので、全部載せています。

もう1つは、ゲームの中の競技プログラミングということで、DQやFFに出てくるパズルを攻略したり、パズドラやぷよクエのコンボを求める、という記事です。こちらもソースコードを載せています。

二つでおよそ60ページ。今までより少し厚めになっています。値段は未定ですが、500円程度を予定しています。

2013-07-25
Uncategorized

C83 告知

告知遅くなってすいません! YUHA はコミックマーケット83 に参加します。

3日目(31日)月曜日 東Y-02b でお待ちしております。

今回の新刊は2つ。

はじめての競技プログラミング

まず1つは、競技プログラミングの初心者向けの本です。最近初心者向けの本を出していなかったら、「競技プログラミングってなんですか?」と聞かれる事が非常に多くなって来ました。そこで、もう一度初心者向けの本を書こうと思った次第です。

競技プログラミング Boss Rush!!

もう1つは上級者向けの本で、Boss Rush と題してグロ問特集をやります。nodchip はグロ問作者として有名ですが、nodchip 作のよりすぐりのグロ問を5つ厳選して解説します。

既刊に関して

既刊に関しては、C82 で出した本を100部程度持っていきますので、C82 で買い逃した方はぜひお立ち寄りください。毎回13時程度から売り切れてきてしまうので、正午程度に来ていただけると在庫があると思います。

2012-12-27
Events

C82 PDF について

今回 C82 で配布される一部の本について、PDF を配布できる運びとなりました。

今回配布の準備ができているのは次の2冊ですが、他の本についても順次準備を進めて参ります。

これらの本の奥付には秘密のパスワードが書かれています。指定されるユーザー名とあわせて、秘密のパスワードを入力してください。

2012-08-11
Uncategorized

C82 予定

遅くなりましたが YUHA の C82 の予定についてお知らせします。日時・場所は、2日目11日(土)西地区“し”ブロック-35b です。

本当は今回新しいことをしたかったのですが、メンバーが多忙を極めたためにいつものとおりの本が出ることになりました。今回の新刊は次の3冊です(それでも多い)。

  • 競技プログラミング ACM-ICPC 2011-2012 総集編
  • 競技プログラマが知るべき 97 のこと(後編)
  • アルゴリズムを学ぼう裏劇場(仮)

常に要望の多い電子書籍に関しては、今回なんらかの手段で実現するつもりです。ちょっとまだ表紙がちゃんと用意できていないので文字だけでお伝えします。

競技プログラミング ACM-ICPC 2011-2012 総集編

例によって ACM-ICPC の総集編です。国内予選から世界大会まで。ここしばらくきちんと印刷できていたのですが、諸般の事情で今回はコピー本になりそうです。

競技プログラマが知るべき 97 のこと(後編)

nodchip による、競技プログラマが知るべき Tips 集。C81 で前編をお配りしましたが、今回は後編をお送りできることになりました。前編も持っていきますので、持ってないかたはあわせてお買い求めください。こちらはきちんと装丁された本に仕上がる予定です。

アルゴリズムを学ぼう裏劇場(仮)

今年「アルゴリズムを学ぼう」という書籍が出ましたが、その裏ネタが薄い漫画になりました。コピー本の予定。

2012-08-02
Uncategorized

C81 予定

C81 では、YUHA は土曜日 東地区“ヘ”ブロック-60bで参加しています。ちなみにとなりは「簡約!?λカ娘(第二期)」を出している参照透明な海を守る会ですので、一緒にお買い上げいただくと大変よろしいのではないかと。

YUHA では、C81 では次の2つの新刊が出ます。今回はどちらもわりと初心者向けの本です。既刊はあるだけ持って行きますが新しく作ったりはしてないのであまり数がないかもしれません。

ラムダの時間

関数型言語がなぜ使いやすいかという話を書いた本です。本文28P 500円。無駄にフルカラー。

ラムダの時間 サンプル

内容は、OCaml ちゃん、F# ちゃん、Scala ちゃん、Haskell ちゃんなどの紹介があったり、OCaml の基礎を学べるページがあったり、という感じです。

競技プログラマが知るべき97のこと

競技プログラマにありがちなネタを97個の半分ほど(前編なので)書いた本です。本文32P 300円。

競技プログラマが知るべき97のこと サンプル

2011-11-26
Events